« 桜に想う  その4 | トップページ | 教育に想う その4 »

2006年4月 5日 (水)

教育に想う その3

今の日本の子供の学力は、世界の子供の学力に比較してかなり劣っているという。一日の学習時間を増やそうと言う論議もあるらしい。おかしくないだろうか。ついこの間ゆとり教育が大事であると言って土曜日をお休みにしたのは誰だ。ゆとりを取り、教える時間を減らしたのだから当然ではないか。その分みんな塾に通うから、学力は落ちないで教員は楽になると考えたのだろうか。

私はいわゆる有識者と称される人々に疑いを抱いている。大臣から自分に都合の良さそうな人達が選任され、対価を頂いて、審議委員会とやらで、大勢で月一回程度集まって検討し、答申案を纏めて提出する。大臣はその答申に基いて方策を立て、手続きを経て施行される。答申に基いてが逃げ場で、答申した側も答申しただけで、どこにも責任はないのである。

一般の市民の方が余程、どうすればどんな結果になるか、知恵として分かっている気がする。

|

« 桜に想う  その4 | トップページ | 教育に想う その4 »

コメント

先日、「この字は何と読みますか?」 とリポーターが街頭で若者に訊ねている場面をテレビで見ました。「えェー、わかんなーい」 茶髪に付け睫毛、長い爪の娘さんたちが一様に「読めなァい」を連発。簡単な日常語なのに・・・学校でどんな勉強をしたのか、しているのか。
日本語もまともに読めない、書けない、話せない、では誠に情けないですね。これは私自身にも言えることではありますが。

投稿: tomitan | 2006年4月 5日 (水) 12時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育に想う その3:

« 桜に想う  その4 | トップページ | 教育に想う その4 »