« 豊後梅の収穫 | トップページ | 医療について想う »

2006年6月13日 (火)

ワールドカップサッカーに想う

ワールドカップサッカーに関してマスコミ、メデイアは騒ぎすぎでないだろうか。日本の初戦前も、初戦が済んでも、例えばどのテレビを見ても同じ時間帯に同じサッカー報道。しつっこく。もっとやることはないのだろうか。

しかも言っていることはまさかの敗退。日本語の意味がよく分かっていないのである。非常に高い確率で勝ちを予想出来たのに負けた時がまさかである。サッカー解説者もいい加減で、よく分かっていない。本音は隠してテレビに出ることだけを考え、日本が勝つ様なことを言い、負けると結果論として、気温が高く暑くて終盤疲労したとか。笑える。解説者として恥ずかしい。願望と事実は異なるのである。

私も日本の初戦をテレビで見た。はじめから攻められどうしでゴールキーパー川口の働きだけが光っていた。5~6点取られても不思議はなかった。日本が1点取った所でスイッチを切って寝た。結果はよく3点で押さえたと思う。

私も願望としては日本に勝って欲しい、然し彼我の実力をもっと冷静に分析する必要があるし、サッカー関係者はもっと真摯な態度で臨んで欲しい。                    熱烈なサポーターさんのためにも。

|

« 豊後梅の収穫 | トップページ | 医療について想う »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。