« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

生きているうち

年末の私の仕事としては、庭に降り積もった落ち葉の掃除と、正月の飾り付け、神棚と仏壇の掃除位である。

全部終わってほっとしていると、今月2度目の訃報が入った。

兄弟の縁故の人である。昨日横浜で行われた葬儀に出席した。

白い菊の花と色物の花で埋まった棺は短い時間で灰になった。あっけないものである。様々な想いを残して。

妻に先立たれている夫の死は寂しい。そして子供のいない人の死は更に寂しい。

健康なうち、健康なうち!

生きているうち、生きているうち!

まもなく新しい年を迎える。

| | コメント (1)

2006年12月28日 (木)

ゴルフ打ち収め

今日は袋井コースで素敵な女性3人と今年のゴルフ打ち収めをやった。

前半45、ひょっとしたら80台がと思いきにそうは問屋がおろさない。

昔、昔女性3人と回っている殿方をみて、どんな方なのだろうと思ったことがあるが、

今は自分がその立場になって、お互い楽しんでいる。考えもしなかったことである。

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

最高のクリスマスプレゼント

スキャナーのメドがついてきたので、最初に寺巡りの旅紀行文に写真を添えられれば、紀

行文と写真帳や朱印帳を別々に出して来て開いて見なくても済むし好都合かと考えた。

ではと、パソコンの旅紀行文を出してみて仰天した。昨年やっと自分で前に行った所の紀

行文をメモや資料に基ずいて纏めたのに、消えているではないか。頭が真っ白になる。

どうしよう。何十年間ものものを、再度同じ様な感覚で書くことが出来る訳がない。

やっとそうだ!  紀行文が出来る度に送っていたmさんがいる。

ひょっとしたら保存されているかも知れない。一縷の望みを託してSOSを発信した。

気になっていて翌25日の早朝4時に眼が開く。直ぐにパソコンを開けメールを見てみる。

 「よかった。残っていましたよ! 」のタイトルが眼に入る。

やったあー。mさんに抱き付きたい気分になる。見てみるとタイトルがつけてあり、きちん

と編集の手が加えられていて、元のものより読み易い。

しかも直ちに送って頂いた。何というひとなのだろう。恥じずに送っておいて良かった。

最高のクリスマスプレゼントを頂いた。ありがとう。  

| | コメント (0)

2006年12月23日 (土)

スキャナーの初トライ

今日scannerの初トライをやってみた。

まずパソコンで、ソフトウェアーCD-ROMからソフトウェアーをインストールし、次にスキャナーの電源を入れ、スキャナーとパソコンとを繋ぎ、取り扱い説明書に従って本の2ページをトライしてみた。

次に古いプリント写真を一枚トライしてみた。何れもパソコンのマイピクチャーに保存された。

何と保存された写真は「画像の編集」でトリムも大きさの変更も、明るさの変更も自在に出来るではないか。驚きと感動であった。今度写真フィルムからのトライをしてみようと思う。

保存するだけでも大変そうなのに、それを活用しようとすると一大イベントになること間違いなさそうである。スキャナーについては何も聞いていないのが残念である。

| | コメント (0)

2006年12月22日 (金)

Scanner購入

今日、自分へのクリスマスプレゼントとしてScannerを購入した。

更にやることが増えるのも知らないで。

でも旅紀行に古い写真やスケッチを加わえられると、もっと楽しくなるのではなかろうか。

飲み歩き紀行に古い写真が入ると、雰囲気が出るのではないだろうか。

ゴルフ日記に昔の写真が入ると想い出が蘇るのではなかろうか。

夢は限りなく広がるが、そんなに思い通り出来るかな。

| | コメント (2)

2006年12月19日 (火)

生きるって

袋井コースで初めて出会って、それから12年間も家族ぐるみのお付き合いをさせて頂いたH氏が66歳の若さで亡くなった。

H氏はシングルプレーヤーになり、多い年は毎週一緒させて頂いた。最後にご一緒したのは今年の426日であった。

奥さんが“もう一度グリーンに立たせてあげたかったのに、かなわなかったの”と言って涙を流した。

お子さんがいないし、ぽつんと奥さんがひとりぽっちになる。生きるって切ない。

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

パソコンクラブの懇親会

その1.

11月30日に浜松駅前の名鉄ホテル14階でsitcの懇親会が中華の昼食を挟んで開かれた。

テーブル席は抽選で決定。受講の教室が違うため知らない方も見受けたが、大方の方は存じている。

会場は、いつもの教室とは異なって、ちょっとおしゃれした装いに彩られ華やいでいた。

全員の簡単な自己紹介もあったし、新たな発見もあって特に女性との輪が広がった様に思う。

その2.

12月7日、舘山寺、サゴーロイヤルホテルでkitcの懇親会が開催された。こちらにも参加。

可美公民館前に集合、マイクロバス2台で舘山寺温泉へ。

到着後一時間程周囲散策、内浦や、舘山寺。足湯に浸かるひと、写真を撮るひと、舘山寺鐘楼に登ってお金を払って鐘を撞くひと。私は一年ぶりに山の中腹の観音像へ。

昼食は畳みの大広間で和食。ビア、お酒も出る。

お隣に座ったクラスメートの女性がお酌して下さる。ウフフ。ここでも新たな出会いや発見があった。

クラブの中で初めてゴルフをやられる女性に出会った。私のすぐご近所のお嫁さんのお父さんがクラブの同じ教室のクラスメートであること、又すぐ近くのピアノ教室がお知り合いであることなど。世の中狭いんですね。

公民館、自宅間は、お酒を飲まれるからと、往復ご近所のクラスメートの奥様が送迎して下さる。ありがたいことである。

みなさんに助けられてパソコンを学べているのである。

| | コメント (3)

2006年12月 2日 (土)

出処進退

プロ野球巨人は今年も下位に低迷し横浜と最下位を争っていた。

シーズン初めは清原が抜けて好調であったのに、未だ桑田や工藤が残っていたから勝てないのである。

桑田は終盤自分の事をホームページに書いたり、原監督に会ったり、筋違いのことをやり、今度は米大リーグに行きたいと言っている。日本でも勝てないし、出れないのに。

かっての大投手であっても、出処進退はキレイでありたい。

「進む時は人まかせ。退く時は自ら決せよ」である。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »