« 見えないものみる その2 | トップページ | 食べ物に思う その7 »

2007年1月31日 (水)

日本を悪くしているものは

日本を悪くしている要因の一つにテレビがあると思う。テレビ局は何かあると報道の自由だけを主張し、朝から夜中まで、大半はお笑い風、タレント風の人達が騒ぎたてている。酷いのになると、関西テレビの様にデータを捏造してまことしやかに放映している。

おかしいと見抜いた週刊誌に拍手を送る。

一つ表面に出たということは、そのかげに何十、何百ものものが隠れていると言ってよい。○○の法則である。

もっと酷いのは捏造の番組をそのまま信じて、納豆が品薄になり納豆業界で慌てて大増産したと報じられている。視聴者も視聴者である。総ボケになりつつある。

飽食していて痩せたいとは。どこか狂っていて滑稽である。俄かに増産し、直ぐに売れなくなった納豆は何処へ行ったやら。

関西テレビの親会社も、テレビ業界も根幹には触れないで、なりをひそめて黙っている。

|

« 見えないものみる その2 | トップページ | 食べ物に思う その7 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。