« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

年の暮れ

ファミリークリスマスイブ

こんな時しか出番のない重たい大きな座卓が座敷に運び出される。カップや皿、飲み物、料理も運ばれて準備完了。
予行までしたという小学校三年生の孫娘の発想、司会進行で,我が家八人のクリスマスイブがはじまる。

“初めにママの挨拶”終わって“パパの乾杯の挨拶”孫達は炭酸水、大人はシャンパンで乾杯、クラッカーが飛び交う。大きなサンタの縫いぐるみ人形よりクリスマスソングが流れる。

次にボジョレヌーボのワインを飲みながらの食事、食事は和洋折衷で総てばぁばの手作りである。

次にプレゼント交換会,予めそれぞれに用意して来た袋をサンタのソングに合わせて手渡しで回し、ソングの終わった時に手にしているものが贈り物になる。

更に紙が渡され全員のお絵かき大会、司会に提出すると、“開けてはいけない”と言って小さな二つ折のシートが配られる。一斉に開けると絵が描いてあってはずれと書いてある。一人だけ当りがいて、特別賞を貰う。

いよいよケーキの登場、キャンドルを灯し、電灯を消して皆で手を合わせ“ありがとう”と言ってから司会がカットする。八等分だから切り易い。それからお茶になる。

頃合をみて、孫娘の笛の演奏、幼稚園年長の孫のピアノ鍵盤での両手を使った演奏が披露される。
かくして我が家のファミリークリスマスはお開きとなる。

ささやかではあるが、どんなにお金を積んでも味合えない幸せを贈られる。


庭にめじろ

もみじの葉が一枚もなくなった頃、やっと庭屋さんが来て木々がさっぱりし、少し透けて見えるようになった。もう梅の枝に沢山の小さな新芽が見える。
朝早く起きて見ると、梅とさざんかの茂みにめじろとほほじろが来てチィロチィロ、そっと目を凝らして見る、間違いない。


今年もこれでおわりです。辺ぴなところにお立ち寄り頂いた方々、コメントを頂いた方々誠にありがとうございました。

|

2007年12月25日 (火)

貧乏だなと感じるもの

私が貧乏の中でも貧乏だなと感じるものの一つに、
石鹸箱の中にちょこんと入っている減った薄っぺらな石鹸がある。
どうやっても泡が立ちそうにない。みじめになる。

|

2007年12月18日 (火)

三菱自動車

三菱自動車の元幹部にハブ欠陥事件で横浜地検は有罪判決を下した。当然である。
ハブが破損すれば、車輪がすっ飛ぶ位私でもわかる。
死傷事故以前にもハブ破断事故が多発していたのに、使用者の整備不良などと言い虚偽の報告をしている。同社はクラッチの欠陥事故でも罪に問われている。

これでも企業の責任が問われないのは不思議である。
三菱重工業を中心にする日本の大企業グループの一員だからだろうか。

もともと三菱自動車はたいした会社ではないのである。リコール隠しなど安全を軽視し隠蔽するのが得意な姿勢の会社で、品質保証部門など置いてあるだけで役割を果たせないのである。

設計開発部門もなっていない。両被告は公判で社内の技術陣から強度不足はないと聞いていたと主張している。設計部門の人は破断した現品を見たのだろうか。見せろと言ったのだろうか。

亡くなった娘の母親が、刑が軽いと訴えている姿が悲しい。

| | コメント (0)

2007年12月14日 (金)

KENT君とのお別れ

0712

こだわりに触れたので、こだわりついでに画像を入れてみようかな。KENT君とのお別れ記念です。

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

ささやかな拘り

ささやかな拘り
私は髭剃りに電動のものも幾つか持っているが試し位で仕舞いこんであり、日常には使っていない。

日常にはU.S.A.のSchick Injector Twin bladesの剃刀を使っている。
そして髭剃り用のブラシは20年以上も前に、あちらこちら探して、結局銀座の或るお店でMade in EnglandのKENTのブラシを気に入り購入した。当時で三千円はした記憶がある。KENT Made in Englandと書かれてありその下にPure Bristleと書いてある。

でもさすがに最近は、私の頭と同じで抜け毛が多くなり交換しょうと思っている。
今度もMade in Englandのブラシを購入したが、少し剛毛なのが気になっている。

| | コメント (0)

2007年12月 9日 (日)

Reflect画像のトライ

「ref..doc」をダウンロード

私が始めてデジカメを購入し、三脚も用意して、O先生について弁天島海岸に行き撮った夕日に
Reflectionをかけてみました。ブログに出せるでしょうか。トライしてみます。

| | コメント (1)

2007年12月 7日 (金)

関東学院大学ラクビー部その2

関東学院大学に関わりはないが、ラグビー部の春口監督が辞任されたと報じられている。

春口さんは無名の関東学院大学ラグビー部を、関東大学リーグのトップにまで押し上げた
功労者であり、惜しい方である。

部員の大麻事件についての対応、進退を誤ったばかりに大変な汚点を残して止められた。
指導者の出処進退について改めて思う。

それにしてもこの頃、会見で何人か並んで頭を下げているシーンの何と多いことだろう。

| | コメント (0)

| | コメント (0)

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

弁天島の夕陽

「yuuhi.jpg」をダウンロード

私が初めてデジカメを手にした時に、丁度今の季節に弁天島に行って先生の指導のもとに撮った記念すべき
一枚の写真である。

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

関東大学ラクビー


二日に好天の国立競技場で関東大学ラクビー対抗戦、全勝同士の早・明戦が行われた。
結果は記録に残る早稲田の圧勝に終わった。明治もそれ程力の差はないと思ったのだが、文字通りの早稲田の圧勝であった。
気力、スピード、連携、展開、総てに勝り、終盤には四人ものリザーブの選手を入れる余裕を見せた。
何故なのだろうか。両校の監督、キャプテンの分析結果を聞いてみたい。

ラグビーと言えば前にも触れたが、関東学院大はお粗末な大学である。
ラグビー部員が大麻栽培事件で起訴されたが、最近他に十二人の部員が大麻を吸っていたと報じられている。大学ははじめ個人の問題と片付け、後に渋々来年3月までの対外試合自粛を決めた。
大学の調査はどうだったのか、松井学長は「事実とすれば遺憾」と言っているだけでどうするのか言っていない。春口監督はもっとひどい。ものが見えていない。
事実なら協会も一年間対外試合禁止位の処分を下すべきであろう。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »