« さっくんの入学式 | トップページ | 夏野菜の植え付け »

2008年4月 8日 (火)

人が生きる、学ぶと言うこと

お医者さんに予約した時間にまだ時間があったので、何気なく朝のNHKテレビ生活ほっとモーニングを見た。「もう一度学びたい」夜間中学校というタイトルだった様に思う。
後で新聞を見ると「もう一度学びたい」81歳の中学生、感動の卒業式と出ていた。

勉強して、やっと念願の文字が書ける様になって、心に仕舞ってあった想いを自分史として6ヶ月掛けて原稿用紙50枚に書き上げ、作文発表会で皆に発表していた年配の女性。
「すまない」とだけ言った母に、ながい時を経て、その亡くなった母の墓前に宛てて書いた、たどたどしい墨の文字での感謝状。
バスを乗り継いで長時間掛けて夜間中学校に通う81歳の男性、独りで車椅子に乗って雪道を塾に通う年配の女性。
北海道のボランテアの学習塾、全員での夜間中学校の卒業式。先生のメッセージ。
引き込まれる様にして終わりまで見てしまった。
どんなドラマよりも素晴らしい感動の番組であった。
金儲けと飽食で膿んでいる社会にあって、人が生きると言うこと、学ぶと言うことを
あらためて学んだ気がしている。

|

« さっくんの入学式 | トップページ | 夏野菜の植え付け »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。