« 落ちる雨が止まる | トップページ | とんぼの訪れ »

2008年6月 8日 (日)

蛍の光

ほたるのひかり、まどのゆき、書(ふみ)よむつき日、かさねつゝ、

いつしか年も、すぎのとを、あけてぞけさは、わかれゆく。

「蛍の光」、小学唱歌の一番である。

「仰げば尊し」と共に式の時によく歌った。

仰げば尊し、わが師の恩。教えの庭にも、はやいくとせ。

おもえばいと疾し、このとし月。今こそわかれめ、いざさらば。


戦後、学生の頃「蛍雪時代」という雑誌があって、毎月読んでいた記憶がある。

私の田舎では、戦後、話しても想像出来ない程多くの蛍が乱舞していたっけ。

|

« 落ちる雨が止まる | トップページ | とんぼの訪れ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。