« 63回目の終戦の日 | トップページ | 北京オリンピク雑感余話 »

2008年8月23日 (土)

北京オリンピック雑感


未だ終わった訳ではないが、日本女子の活躍が目立ったし、多くの感動や勇気を貰った。

柔道女子:金メタルの上野雅恵、谷本歩実他、塚田真希、中村美里など

レスリング女子:金メタルの吉田沙保里他、伊調千春、伊調馨など

卓球女子:近藤欣司監督、福原 愛、福岡春菜、平野早矢香、中国の強さに圧倒された。愛さんが「家族に感 謝」と言っていたのが印象的であった。

サッカー女子・なでしこジャパン:佐々木則夫監督のもと、エース沢 穂希ほか、「気持ちで戦う」と言い4位に入った。

バトミントン女子ダブルス:末綱聡子、前田美順ペアーが中国トップのペアーを破った瞬間は実に感動的なシーンであった。これだけでメタルなんかよい。4位は立派。

ソフトボール女子:輝く初の金メタル、上野由岐子の力投、気合、精神力、かって心臓手術をしたことのある西山 麗の活躍、坂井寛子は「自分とチームを信じて頑張ろう」と言い、上野は「負けられないという気持ちだけでした」と語り、斉藤春香監督は「上野とは心中するつもりだった」と語っている。元監督の宇津木妙子さんは解説していて、言葉にならなかった。

 シンクロナイズド・スイミング:鈴木絵美子、原田草穂ペア、はやさ、高さで「先生を勝たせたいために」と言って、井村雅代監督率いる中国を破った。
コーチ金子正子チームリーダーは「良かったわよ」と言って初めて褒めたという。銅メタルが輝いている。

マラソン女子:残念だが練習で頑張り過ぎたのでなかろうか。コーチの責任が大きい。

 それにしても男子は、水泳や陸上のリレーなど賞賛する種目もあるが、サッカー男子のふがいなさ。スピードは全くないし、ゴール目指してのキックもヘナチョコボール、選手、監督、協会役員は猛反省し、なでしこジャパンを見習うべきであろう。

|

« 63回目の終戦の日 | トップページ | 北京オリンピク雑感余話 »

コメント

野球 残念でした

高いお金で契約してるのに
ポロンと落球なんて 高校野球でもしません

今決勝戦見ています
日本チームには無い 凄い気迫が伝わってきます

            みつ


投稿: | 2008年8月23日 (土) 19時11分

みつさま
おっしゃる通りです。メタルに届かなくてもよいのです。何かが伝わってくれば。
余話をご覧頂ければ。

投稿: | 2008年8月24日 (日) 14時25分

この記事へのコメントは終了しました。

« 63回目の終戦の日 | トップページ | 北京オリンピク雑感余話 »