« 貧しき人々の群 | トップページ | 八月が終わる »

2008年8月31日 (日)

捨てる

新聞のテーマ「備え」という投稿欄に「徐々に老い仕度」という題名で75歳の男性の投稿が載っていた。“今の私にとって、備えとは捨てることだ。”と言い切り、本、写真、手紙、愛着のある小物類を捨てること。こうした作業を老い仕度と名付け進めているという。

共感する。私の今年のテーマの一つは「捨てる」であったからだ。年初は思い切って本や資料を処分したが、急速に鈍って停止状態である。未だ4ヶ月ある、復活して老いに備えよう。

今一番容積を占めているものは何か、殆ど聞くことのない両翼に大きなスピーカーを備えた昔のsonyのステレオボックス、レコード類か。それより数多くの58×46×4センチの大きさの特撰フレームか。

|

« 貧しき人々の群 | トップページ | 八月が終わる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。