« 夏の日のつれづれ | トップページ | 円周率π(パイ)について »

2009年9月 9日 (水)

続 夏の日のつれづれ

数学が出たついでに、微分、積分、について
昔勉強したという方もお出でだろうし、名前は知っているという方もお出でだろう。

大事なテストで、「2次曲線と直線で囲まれた三ケ月状の2箇所の面積の合計を求めよ」という問題が出された。


     ※図で直線より上側の三ケ月状の面積


昔、微、積分、を使ってなんなく出来て、間違いないという確信に至った。半世紀以上も前のことである。
ところで今はと言うと、記号も出て来ないし、数式が纏まらない。怖ろしい。









       


|

« 夏の日のつれづれ | トップページ | 円周率π(パイ)について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。