« 高収益地方銀行 | トップページ | 農作業のはじめての体験 »

2009年10月 8日 (木)

猛烈な台風18号

十月八日
何年振りかの猛烈な台風(18号)が伊勢湾から東海地方に上陸し、関東、東北、北海道と日本列島を縦断して海上に抜けると言う予報が早くから報じられていた。

実際には浜名湖、遠州浜よりやや西よりの三重半島から渥美半島に上陸し、長野、仙台と縦断、時間も浜松では、8日午前と言われていたが、未明であったらしい。

我が家では、日頃閉めていない雨戸も全部しっかり閉めて、懐中電灯のありかを確認して、比較的早く就寝した。

翌朝、家族は<あんなに猛烈な風と雨知らなかったの?>と怪訝な顔。
私は未だに療養のため、一日6種類の薬を飲んでいるためか。朝、障子がブアブア音しているので、目が覚めた。

家内が<停電ですよ>と言う。<オール電化のお宅はこんな時困るでしょうね>。

我が家はガスも来ているし、灯油もあるし、工夫すれば、何とかなるかも知れない。

ただテレビは見れないし、トイレもすぐ困った。簡易トイレを出せば何とかなるかな。

11時頃には青雲が見え始め、13時には青空に変わった。各地で大きな被害のない事を祈る。

|

« 高収益地方銀行 | トップページ | 農作業のはじめての体験 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。