« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

写真サイズのトライ

0272


| | コメント (0)

紙上展示会5

Photo_2


この浜松市博物館の前の道路の向えに、ギャラリーぐみの舎(いえ)がある。

027


| | コメント (0)

2010年5月30日 (日)

紙上展示会4


40年も昔と、現在の対比も面白いかも知れない。それと庭の身近な花達も。

でも土地のひとではないし、連絡はとったが、どの位の方がお出でになるか見当もつかなかった。

この絵を欲しいと言われた方には、展示終了後無料で差し上げた。

(紙上展示の絵は28枚である。寂光院秋色だけ異色)

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

紙上展示会3.


私が家族帯同で浜松に着任したのは昭和44年で、先ず住まいを探した。

地方都市浜松は土田舎で、駅から約4kmの所に西伊場の飛び地、西伊場台地があった。

茶畑が少しと松林、草ぼうぼうの空き地、空き地は銀行、保険会社、専売公社、

商社などで買い占められていた。後にそれらの家族寮が出来る。

今の佐鳴台はもっと田舎であった。小川が流れていて、少し田んぼもあり、

蛙の声が聞こえるが藪と松林に覆われていた。

冨塚にも行ってみたが、更に更に田舎で唖然とした。

幸いにも西伊場台地に新築中の3軒の並んだ貸家があり、一番広い家を借りることが出来た。

周りは茶畑か草ぼうぼうの空き地、大きなバッタも来れば、蛇も来る。

店もなければ家もない、自然一杯の中で絵心をかきたてられた。

バスは西循環線が狭い町中を走っていたが一番近い停留所が2㎞以上ある秋葉坂下であった。

後に西伊場台地は独立して山手町になる。

佐鳴台台地も大掛りな造成が行われ、両者とも今や浜松屈指の住宅地である。


| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

紙上展示会 2.


個展は浜松市博物館の直ぐ前にある「ぐみの舎(いえ)」のギャラリーでやった。

元々は喜寿祝いの一つであった。展示だけでなく他にも色々勉強させて頂いた。

私は芸大を出た訳でもないし、師匠が居る訳でもないが、絵が好きで沢山のスケッチ類を保存している。

鉛筆は、独製のstaedtler karat 48

色は Sakura hi cray-pas 52sticks

Holbein artists’ oil pastels 50 sticks set

これでも色の足りない時は更に中間色を個別に購入している。

大きさは大きくともF5(35×27㌢)でHolbeinのdrawing paperである。

額は桜材の半切、または大衣の大きさが多い。

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

紙上展示会はどうであろう


約2週間ぶりである。パソコンが壊れてすべてが消失し、先週聞きながらphoto scopeとPict bearをダウンロードを

したが、写真の処理にはJ trimがよさそうなので、ダウンロードして、昨年初めて個展をした時の絵を再整理して

みた。

会場で撮った写真なので、光が入ったり、ぶれたりしているが、折角だからこれをブログに載せ紹介してみてはど

うだろう。

写真挿入の勉強にもなる筈である。


| | コメント (0)

2010年5月17日 (月)

花違い


散歩の途中、こんな空き地にけしの花が、よいのかなと思っていました。

たまたまKOBAさんのブログにポビーの花として紹介されていました。

やれやれ。

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

絵による花名検索

Photo_2



-7-で初めて絵を描いてみました。葉に力点が移って、花にまで根気が続きませんでしたが、

花に詳しい方ならこの程度の絵で名前が分かるものでしょうかね。


| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

花の名の補足


829aeranium



ゼラニウムは赤、ピンク、白など色々の色の花があります。

花言葉は真の友情、追憶、君ありて幸福など。

拝借した写真を参考に添付します。実際はもっと赤色です。

| | コメント (0)

花の名


‘2010.5.13
決して忘れることのない花が、或るお宅の高い庭に鉢植えで置かれていた。

駐車場を少し入って確かめてみた。

茎一本から八本に分かれてその先に五枚の花びらの真っ赤な花をつけている。

下の方にある緑の葉は、やはり丸い五枚で中央に白っぽい丸い模様がついている。

間違いない。あおいとも聞いたが、あおいと入力して検索しても出て来ない。

何十年振りに出合えたと思うので、この機会にと花屋さんに行ってみた。

店先に同じ鉢植えが置いてあって、名札がさしてあった。「ゼラニューム」と書いてある。

お店の老人に聞いてみる。「間違いありません、昔あおいと言う人もいましたが、

あれは間違いですね」。やったぁ~。

昔昔、この赤い花を“胸の血よりも赤い花”と表現した娘さんが居ましてね。

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

立夏


‘2010.5.4
今日は散歩ルートを変え、途中から北西に向かった。蜆塚の山神社を過ぎると

直ぐに蜆塚遺跡前というバス停がある。そこを少し行くと左手に森がある。

下で鳩が2羽、草と枯葉の中で何かを啄ばんでいる。とそばで何か黒いものが

動いた。リスの親子である。尻尾が丸く大きい。枯葉の中を素早く走り木に登る。

よく見ると木々を飛びまわっているリス4匹を確認できた。

遺跡の大きな森にリスのいるのは知っていたが、ここで見付けたのは嬉しい。

蜆塚の法被を着、きれいにお化粧した小学生の娘さんが、怪訝な顔をして
山神社の方に歩き去って行った。


| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

夏野菜のその後1.


‘2010.5.3
4月24日に植えた夏野菜がどうなっているか、見に行ってみた。

なす、ピーマンは順調であったが、きうりは半分の6本がしおれていた。

原因は化成肥料の上にすぐ植えたからではないかと推測される。

比較的近くにあるO苗店に替わりを買いに行ったが、凄い混雑であった。

きうり6本とオクラ、ニガウリの種を蒔き十分に水をやったが、大丈夫だろうか。


| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »