« 西国三十三ヵ寺巡拝の旅 9 | トップページ | 西国三十三ヵ所巡拝の旅 11 »

2010年8月24日 (火)

西国三十三ヵ寺巡拝の旅 10


<姫路から播担連絡道路に入ったのはよいが方向を間違えて姫路バイパスの方に出てしまい引き返す。

途中の温泉に宿泊すれば良かったが時間が早いので舞鶴まで行ってしまえと判断したのが
意外な結果を招いた。

中国自動車道吉川JCTより舞鶴自動車道に入り、福知山で9号線、175号線(宮津街道)27号線舞鶴西に出、

西へ八田迄出、後は若狭湾を目指す予定が道を間違えたりしたものだから、あたりは暗くなり始めた。

北近畿タンゴ鉄道の駅前迄行けば案内所位あるかと思ったのが甘かった。

何もないし駅前のタクシー会社に聞いたが、冷たい返事。自分で探すしかない。

178号線の夜道を気をつけて走っていると右手に旅館の灯りが見えた。

迷わず入って尋ねると泊まれるという。

天の橋立文殊荘別館であった。庭つきの部屋で、桧の風呂、料理は一品ごとに部屋まで運んでくれた。

翌朝庭に出ると天の橋立や阿蘇湾が眼の前に見え美しかった。

002



料金は現在でも高い部類の旅館であった。

92.6.3
知恩院、廻旋橋などを見て、のんびりして対岸の成相寺を目指す。

第二十八番 成相山 成相寺(なりあいじ) 聖観世音菩薩

178号線で丹後資料館前より山を登り山の駐車場に車を置く。階段を登ると仁王門があり奥に本堂がある。

車で傘松公園には行けそうもないので本堂より更に上に登り山頂大展望所で股覗きをやってみる。

さすが日本三景の一つとして知られる名勝天橋立である。


|

« 西国三十三ヵ寺巡拝の旅 9 | トップページ | 西国三十三ヵ所巡拝の旅 11 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。