« 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅11 | トップページ | 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅13 »

2010年8月 1日 (日)

北陸三十三ヵ寺巡拝の旅12


第二十六番 本覚山観音寺

北陸本線いするぎの少し北の町中に古びた感じのお堂がある。
26


第二十七番 弥勒山安居寺

城端線ふくのから西へ4km程の所にある。
砺波平野を望む山麗に位置し杉木立の中に静かにお堂がある。
27


第二十八番 芹谷山千光寺(せんこうじ)

城端線となみから国道359号線を富山の方に向かうと芹谷の森にある。
隣接して健民公園、頼成の森がある。
背後に鬱蒼と茂る森、静寂と落ち着きに満ちた環境の中に風格のある堂々としたお堂がある。
何故か何回か訪れている。
28



第二十九番 法界山常楽寺

千光寺から国道359号線を東に向かい、小溝という所で高山本線千里(ちさと)に向かうと
1.5km程で左側にある常楽寺に着く。
本堂から奥の参道を登ると観音堂がある。

29_2


|

« 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅11 | トップページ | 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅13 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。