« 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅13 | トップページ | お盆をむかえる »

2010年8月 3日 (火)

北陸三十三ヵ寺巡拝の旅14


第三十三番 明日山(あけびざん)法福寺

長い参道を経て行くと本堂、大師堂、鐘楼、仁王門、庫裏などがあり、本堂前庭に「明日の大桜」と呼ばれる老桜の大木がある。「あけびの観音様」と親しまれている。

33_2



此処まで来たなら何十年振りかで宇奈月温泉に寄っていこう。
地酒“まぼろしの瀧”ます寿司、ほたるいか。


あとがき
家内と一緒に無事巡拝出来たことはありがたいことである。

北陸のお寺は1寺1寺が離れていて且つ大きい。それに北陸の端から端までの広範囲に及ぶ。
やはり車両で巡拝するのが最適かも知れない。


1990年を中心に1993年に掛けて5泊8日の旅であった。

総持寺のみやげもの売り場のおかみさん、小矢部にあるビジネスホテルのおかみさん、
ほか大勢の人たちにお世話になったことを申し添えて終りとします。


|

« 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅13 | トップページ | お盆をむかえる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。