« お盆をむかえる | トップページ | 西国三十三ヵ寺巡拝の旅 2 »

2010年8月15日 (日)

今日は終戦の日、鎮魂を込めて西国三十三ヵ寺巡拝の旅をスタートしよう。


西国三十三ヵ寺巡拝の旅

まえがき

1991年(平成3年)と言えば、私は現役で或る自動車部品会社の役員で、且つ最高品質保証責任者として、
多忙の日々を送っていた。

それが西国巡拝の旅とは。勿論休日を利用してであるが、忙しいから出来たのかも知れない。

勿論今回も車で、家内と全行程一緒の旅である。

今回は紀伊、和泉、河内、大和、山城、近江、丹波、摂津、播磨、丹後、若狭、

美濃に及んでおり余り馴染みのない土地である。

今風に言えば東は岐阜、西は姫路、南は那智、北は丹後半島である。

今回は関西道路地図(昭文社)と西国観音巡礼(萬願寺教化部)を購入し参照した。ほぼ正順である。

001


|

« お盆をむかえる | トップページ | 西国三十三ヵ寺巡拝の旅 2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。