« 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅12 | トップページ | 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅14 »

2010年8月 2日 (月)

北陸三十三ヵ寺巡拝の旅13


第三十番 稲荷山海禅寺

常楽寺から兎に角北陸本線とやま駅に出、富山港線に沿って北に行き、
富山北署の所で左折、国道415号線に入り神通川を渡り、荒屋で右折して西岩瀬を目指す。
非常に分かりにくいので探すしかない。田圃の中にお堂がある。

分かりにくかったでしょうと言って三十一番さんまでの地図を書いてくれた。

30


第三十一番 慈眼山正源寺

三十番さんから富山駅まで戻り、富山署の前を南下、国道41号線に出て更に南下、
北陸自動車道をくぐって2.5km程で右折し富山中部広域農道に入り進むと常願寺川の手前、西ノ番にある。

道路に面して大きな標識が出ており、鐘楼がある。山門をくぐると正面にお堂がある。
堂内を案内して頂き、お茶を頂きながら話が出来た。

駐車スペースはないので離れた場所に置く。
31

第三十二番 中尾山十三寺(じゅそうじ)

北陸本線泊駅から旧北陸道上街道に面した元宿場町舟見に出る。泊から行けば右側にある。
古びた山門の両側にわらじが何足か掛かっている。

山門をくぐると正面にお堂がある。

32


|

« 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅12 | トップページ | 北陸三十三ヵ寺巡拝の旅14 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。